【ご注意ください】パックした食材のテイクアウトについて

平素はパックルをご愛顧いただきありがとうございます。

 

現在、テイクアウトを始められるお客様からのお問い合わせが増えております。

 

そこで今一度以下の点にご注意をお願いします。

 

①衛生管理について

真空パックは主に食材の酸化を抑えるもので、

菌の増殖を止めたり、滅菌をする効果はございません。

菌は特に温度管理が重要で、主に10℃~60℃の間で増殖します。

パック後も普段の保存する温度帯にての管理をお願いします。

また、保存期間につきましても食材(料理)の種類、

パック前の状態によってそれぞれ違いますので、

パックした商品を販売される場合は、専門機関での検査をお勧めします。

 

②テイクアウトについて

調理したものをパックし販売される場合は「飲食店営業」の他に

「そうざい製造業」「食品の冷凍又は冷蔵業」の許可が必要な場合がございます。

詳しくは管轄の保健所に相談してから販売するようにしてください。

 

気温が高くなってまいりましたので、食品の取り扱いには十分にお気を付け下さい。